セラピストの指名の取り方[技術]編!技術で指名を取る3つの方法!

指名を取るにはどうしたらいいか、一番頭を悩ますのではないでしょうか?

 

技術だけでは指名は取れないとよく聞くかもしれませんが、

技術で指名を獲得しているセラピストは実在します。

 

今回は、自分の経験やこれまで見てきたセラピストが行なっている施術で、

指名を取っているセラピストに共通する技術があります。

 

それはどのような技術なのか見ていきたいと思います。

技術で指名を取る3つの方法!

 

「なぜあの人は指名をどんどん取っていくのだろうか?」

と思ったことはないでしょうか?

 

「技術にそんなに差があるとは思えないのに…」

「接客は私の方がちゃんとやってるはずなのに…」

「むしろ接客は誰にも負けていないと思っているのに…」

「あの人はお客様に対して普通に接しているだけで、時には無愛想な接客をしている時もあるのに…」

「なぜ自分は指名を取れなくて、あのセラピストは淡々と指名を貰うのだろう。」

 

こんな疑問を一度は思った方、

それにはちゃんと答えがあります。

 

下記に技術だけで指名を取る方法を、3つ紹介していきます。

 1.マニュアルを徹底的に行う

 

マニュアルを徹底的に行うというのはちょっと分かりづらいですね。

このマニュアルというのは、

例えば、研修の時に教本で習ったやり方のことです。

 

首はこのポイントを何回押して。

肩はこのラインとこのラインのポイントを何回押して。

 

というように押す回数も決めて、完全にマニュアル通りに行っていくものです。

当然、お客様に、とくにお疲れのところを聞いて、それが肩なら肩を多めに行ったりはしますが、

言われていないところは例え

「ここ凝ってるなー」

と思ってもそこも多めに押すのではなく、マニュアル通りです。

 

「そんなことでいいの?」

と思うかもしれませんが、

これがなかなか難しく、凝っているところを見つけると多く押してコリを取ろうと頑張ります。

人間は誰かに何かをやってあげたくなる生き物なので、ついついやってあげたくなってしまいます。

なのでマニュアル通りに行うというのは、簡単そうでとても難しい施術です。

経験を積めば積むほど出来なくなってきます。

 

ですが、

「そもそもそんなことで指名が取れるの?」

と思いますよね。

しかし、この、いつも

 

同じポイントを押す。

同じ回数で押す。

同じテンポで押す。

同じ時間でうつ伏せから仰向けにする。

同じように押して、

同じように終わる。

 

これに合うお客様が必ず現れます。

一人や二人ではありません。

これで何人も指名を取っているセラピストが存在します。

 

マニュアルというのは自分のオリジナル施術でもOKです。

自分の持っている基本を基本通りに行うのが大切です。

 2.強もみができる技術

 

強もみを求めるお客様は多く存在します。

特に身体の表面は柔らかいのに奥が凝っていて、強く圧迫しないとコリに届かなく通常の圧だとほぐれた気がしないお客様。

このようなお客様はいろいろな店舗に行って多くのセラピストに施術を受けますが、満足して帰ることは非常に少ないようです

なぜなら、こういった身体のお客様のコリに届かせられるくらいの強圧で施術できるセラピストが非常に少ないからです。

 

ですが、少ないからには理由があり、本当の強もみが出来るセラピストが稀だからです。

強もみは知っての通りパワーで押すのではなく体重圧で押していきます。

もっともすべての施術が体重圧なのですが。

デビューから数ヶ月経つと体重圧が分かってきますが、それでもパワーもミックスされた体重圧で行っている方が多いように見受けられます。

それはセラピスト本人は分かっていないかもしれません。

 

強もみは完全に技術です。

全体重を完璧に親指に乗せきるのは、極めるのに時間がかかります。

ですが極めることができれば体の奥のコリの芯に届く心地の良い施術ができてきます。

 

自分は体重が軽いから無理と思っていても関係ありません。

小柄な女性でも体重が40kgもあれば充分強もみができます。

実際150cmもない華奢なセラピストが強もみのお客様を指名を取って満足させているのを見ています。

 

こういうセラピストは非常に少ないですが、少ないからこそ自分が完全に体重圧での強圧が出来るようにになれば多くの指名を獲得することができます。

 

「体重圧はもうできているよ」

と思っていても本当にできているのかもう一度確認して、今よりもっと技術を高めていければ自然と結果がついてくると思います。

 3.懲りを一発目から見つける

 

コリを最初から見つけるなんてできるの?

と思うかもしれませんが、できるんです。

 

通常、身体を押していくうちにコリを見つけてほぐしていくという施術を行っていると思いますが、

それは誰もが行っています。

それだと他のセラピストと変わりません。

 

ではコリをいち早く見つけるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

人が凝る部分は大体決まってきます。

首ならココ、肩ならココというように人が必ず凝る部分があります。

もちろん全ての人間に共通ではありませんが、多くの人に当てはまるコリの部分があります。

 

それをお客様の身体を施術しながら注意深く観察してみてください。

徐々に分かってきます。

 

例えば、特に疲れているところが「首・肩」の場合、その部分のコリを真っ先に押してあげると

「このセラピストは良く分かってるなぁ」

と思いまた次回もこの人にお願いしたいと思ってもらいます。

 

指名を取っているセラピストほどお客様のコリを見つけるのが早く、すぐに

「あ、そこそこ」

の共感を得ることができています。

 

ちなみに背中では女性の下着のホックの部分が凝っています。

デリケートな部分なのでココを押すのを避けるセラピストは多いですが、押して上げるとより疲れを取ることが出来ると思います。

参考にしてみてください。

 

こちらの記事もよく読まれています⬇

まとめ

技術だけで指名を取る方法。

  1. マニュアルを徹底的に行う
  2. 強もみができる技術
  3. 懲りを一発目から見つける

でした。

 

「本当にこんなことで指名が取れるの?」

と思うかもしれませんが、自分にあった方法でやってみてください。

必ず結果が出てきます。

 

一つ全てのことに共通する重要なことがあります。

それは心を込めることです。

技術でも接客でも心ありきですので、

うわべだけで指名を取っているセラピストの真似はしないようにしてください。

 

心を込めて技術を真似ることはOKです。

心を込めて行い続けることで、真似がやがて自分の技術となり、オリジナルの施術になります。

 

実際あなたの店舗にもこのような指名を取っているセラピストはいませんか?