低価格サロンと高級サロンの客層は品が違う!私が感じたリラクぜーション

自分は様々な店舗を点々としていく中でお客様の品の違いを感じたことがあります。

低価格サロンと高級サロン(通常サロン)に共通する客層のです。

 

厳密に言うと客層は地域に住んでいる人や店舗によっても全く違ってきますが、それでも低価格サロン・高級サロン共に全体的に共通する客層があります。

 

今回は、

  • 低価格サロンの共通する客層
  • 高級サロンに共通する客層

についてとその違いについて自分が感じたことを書いていきます。

 

※この記事では高級サロンは通常の60分6000円前後のサロンのことを書いています。

  • 低価格サロン=60分:2980円
  • 高級サロン=60分:6000円前後

低価格サロンの客層は品が良くない!

低価格サロンの客層は品が良くないというのが、自分が仕事をしたことがある店舗で感じたことです。

そのようなお客様の特徴としては、最初から注文が多くこちらに施術を任せないことです。

 

どういうことかと言うと、

通常はまず施術を開始する前にお客様に対して、

セラピスト:「特にお疲れのところはございますか?」

と聞くと、

お客様:「首と肩です。」

というように答えてきます。

これを、

お客様:「首と肩だけやってくれれば良いから」

さらには施術途中にも、

お客様:「腰だけ押して」

お客様:「足は押さなくていいから肩やって」

と言ってきます。

 

「お前の技術がまだまだ未熟だから言われるんだろ!」

と言いたいかもしれませんが、それとはまた別な話です。

 

ではこれがなぜ品がないかと言うと、品のあるお客様は細かい注文をしてきません。

施術者に任せます。

結果、コリがほぐれているか、楽になるかならないかではありません。

どのような結果になっても施術者に任せるのことが出来るのが品の良いお客様です。

 

これはリラクゼーションに限ったことではないと思います。

どのようなお店に行っても最初から注文の多いお客様(こだわりがあって注文をしてくるお客様はまた別です)はいると思いますし、そのような人はセコイですね。

敬語で丁寧な口調であれこれ注文をしてきます。

因みに金を持っているかそうでないかではありません。

低価格サロンに来店するお客様の中にも高級な服装でいかにもお金がありそうな人も多くいらっしゃいますが、お金ではなくその人の中身ですね。

 

低価格サロンに来るお客様はまだまだセラピストの技術が上手くないのではと思っている方がいらっしゃいます。

それも注文が多くなる原因一つだと思いますが、要はセラピストを信用していないということだと思います。

安いお店に行く人の中には、そのお店のクオリティが低いと先入観で決め、そして何処よりも高いサービスを求めたりしてしまいます。

 

勿論ここに挙げたのは一部のお客様で基本的には品の良い方が多いです。

高級サロンの客層は品が良い!

高級サロン=通常の60分6000円前後のサロンとして書いています。

低価格サロンと比べると接客をとても重要視する傾向があります。

ではその接客を求めて来るので、品が良いお店には品が良いお客様が来るのかと言うとそうではありません。

それは必ずしも全てのお店が接客が良いとは限らないからです。

 

では何故お客様の品が良いと感じるのか。

 

それはお客様がリラクゼーションに依存していないのです。

お客様自信がお店に、施術者の技術や接客に執着をしていないのです。

 

悪くいうと思い入れがない。

 

当然、技術や接客が優れている方が良いと思っていますが、悪かったら悪かったで「しようがない」と思っています。

お客様に気に留めない余裕があるのです。

それが品が良いイメージを人に与えているのだと思います。

リラクゼーションサロン全般的に感じること

あくまでも個人的に感じることですが、社会全体から見るとリラクゼーション全般的に底辺までは行きませんが、低い方の仕事だと思っています。

何故ならチップを貰う仕事だからです。

お客様がチップを渡したくなる仕事なのです。

 

日本でチップを渡すくらいなので、海外に行くともっと分かりやすいと思います。

ハワイでリラクゼーション(ボディケア)の仕事をしたことがある知人に聞いた話ですが、チップの料金が半端ではないとのことです。

ハワイのほうがリラクゼーションの値段が60分1万円くらいで、同じ金額のチップを貰うこともあると言っていました。

基本的にチップ20%を渡す文化ですが、極端に言うとお医者様にはチップは渡しません。

世の中に認められている、一目置かれる仕事や会社には社会全体に認められているからこそのチップを渡さないということのようです。

 

自分はそんな業界に身を置いているからこそ、自身を持って仕事をしていけたらと思っています。

まとめ

低価格サロンと高級サロン(通常サロン)の客層は品が違う

についてでした。

 

自分自身が品があるというわけではありませんが、お客様としてリラクゼーションで施術を受けた場合、例え技術が下手なセラピストに当たっても

「このようなお客様にはならないようにしよう」

と施術をしていながら思っています。

 

接客業をしている方の中には、お客様から嫌な思いを受けているにもかかわらず、自信がお客様として何処かのお店に来店すると横柄になる人がいらっしゃいます。

これは人間の心理なのですが、お客様からだけではなく職場の上司や先輩から注意されすぎる人は、他人に対して注意しすぎる人になるということがあります。

これと同じように横柄な態度をされてきた人は、自分がお客様の立場になると横柄になってしまう人がいます。

 

自分もお客様として何処かのお店に入ったときに、マナーを持って店員さんに接しているかもう一度確認したいと思います。

 

こういった記事を書く事自体が品がないと思われたらそれまでですが…