レンタルサロンで開業!店舗を構えない個人サロンのオープン方法!

リラクゼーション業界で働く人にとって将来自分のお店を持つのは夢だと思います。

 

でも、いきなり個人サロンを開業するのはお金も掛かるし、お客様が入るか不安だし、

長く続けていけるかどうか、と思われている方は多いのではないでしょうか?

 

そんな人にも個人サロンをオープンする方法について書いていきたいと思います。

個人で営業できるレンタルサロンとは

 

使いたいときだけ、使いたい時間分の使用料だけを払い、借りられるサロンのことで、使用料は1時間1000円で使えるレンタルサロンもあります。

ボディケア、整体、エステティシャン、ネイルアーティスト、占いなどを行うスペースとして使う事が出来ます。

レンタルサロンを借りる人はどんな人?

◯お金をかけずに開業したい。

◯予約が入った時だけ使えるサロンが欲しい。

◯お客様の家から近い場所でサロンを借りたい。

◯自分のお店を持ちたいけど、まだちょっと不安なので試しに開業のシミュレーションをしたい。

◯リラクゼーションのセミナーを開いて人に教えたい。

など他にもさまざまな理由で借りる事が出来ます。

通常に開業する場合

 

サロンとして借りるのに、家賃や保証金が発生し、最初に必要なベッドなどの設備を揃える必要があります。

また、お客様が来店されなくても維持管理費がかかりますので、軌道になるまではそれなりの蓄えが必要になってきます。

自分のサロンを持てることは宣伝効果もありますので固定客がつけば実際にオープンするほうが儲けややり甲斐はありますが。

レンタルサロンのメリット

 

費用を安く抑えることができる

レンタルサロンでかかる費用は、登録料借りる時間分の料金のみになります。

通常、サロンを開業したい場合、家賃や保証金、内装、備品などがかかりますが、それらも一切かからず、ベッドもあり、備品もそろっているので、無理せず、すぐにサロンを始められます。

使いたいときだけいつでも借りられる

自分のお店を持つまでではないけど、お得意様だけ個室サロンで施術したいときや、今のサロンでは行なっていないオイルのコースや新たなコースの施術を限定のお客様だけ提供したい時など好きなときに借りることが出来ます。

開業前のシミュレーションをしてみたい

自宅などで本格的に開業したいけど、実際に運営した場合に、1日の流れや、必要なもの、不要なもの、収支などを体感しておき、慣れてから本格オープンしたいときにシミュレーションとして使うことも出来ます。

レンタルサロンのデメリット

 

土日、祝日は混み合っていてレンタルサロンの予約が取りづらい。

サロンによっては次のお客様を、時間まで玄関の前で待たせることがある。

同じサロンの予約が取れなかったとき、他のサロンをお客様に案内する場合がある。

常時オープンしている訳ではないので新規のお客様が取れない。

サロンの設備、備品

 

マッサージベッド、フットバス、ホットキャビネット、テーブル、ミラー、椅子、CDプレーヤー、ヒーリングCD、ホワイトボード、時計、スリッパ、コート掛け、傘立て、エアコン、ティッシュボックス、電気ポット、冷蔵庫
加湿器、ティーポット、ティーカップ、耐熱ガラスコップ、コースター、ティーパック、掃除道具など。

基本的に上記の設備、備品は揃っているところがほとんどです。

給湯器がないサロンもあり、水しかでないところもあります。

持参したほうが良いもの

タオル、タイマット(タイ古式マッサージ用)

まとめ

自宅サロン以外の個人サロンをオープンする方法

についてでした。

 

レンタルサロンにも一長一短はありますが、使い方次第だと思います。

個室サロンになりますので、女性セラピストは女性のお客様限定にしたり、

予約が入った時だけ使うには便利だと思います。