ドライヘッドスパ協会とは?口コミ評判を調査!嘘や危険てなぜ?

ドライヘッドスパは「悟空のきもち」が元となって取り上げられたことにより広く浸透してきました。

 

 

そして、リラクゼーション全体に「リラクゼーション業協会」があるように、ドライヘッドスパにも「ドライヘッドスパ協会」が存在します。

 

 

そこで今回は、

ドラヘッドスパ協会とは?

口コミや評判の調査

ドライヘッドスパの嘘や危険とある理由

について書いていきます。

ドライヘッドスパ協会とは?

 

ヘッドスパのように水もクリームも使わない、オイルなども使わない頭の施術「ドライヘッドスパ」に協会があります。

 

そのドライヘッドスパ協会とは、

正式名称「一般社団法人ドライヘッドスパ協会」は、

  • 世界に通用し活躍できるヘッドマイスターの育成
  • ドライヘッドスパの発展

上記2つを目的として設立されたそうです。

 

 

そして、確立された「手技」、「ドライヘッドスパ」という名称、「ドライヘッドスパ協会」は、「悟空のきもち」の代表の方が作り上げたそうです。

ドライヘッドスパ協会を設立したのは何故?

これまではボディケア(マッサージなどの全身の指圧やもみほぐし)をメインとしてその一部として頭のもみほぐしを行っていました。

 

頭の施術と言ったらヘッドスパが主流であり、

リラクゼーションサロンでヘッドケア(頭のもみほぐし)のメニューは存在したものの、一個人のその人の独自の技術を除いては、確立した技術までには至っていませんでした。

 

 

頭をケアすることは、脳や眼精疲労だけでなく、

  • 頭が重たい
  • 目が疲れる
  • 寝つきが悪い
  • 夜ぐっすり眠れない
  • 目覚めがスッキリしない
  • 寝てるのに眠い
  • 顔のたるみが気になる
  • 首、肩のコリが取れない
  • 慢性的に疲れている
  • やる気がでない

 

このような身体全体に及ぶ不調に対して有効であり、もっと頭に時間をかけて施術をすることを重要と考えたのだと思います。

 

 

それにより、身体全体の自然治癒力が高まる頭の施術を行える、質の高い理論と技術をもつ人材を育成するため、

ヘッドマイスターという称号を作り、誰にでも誇れるプライドを持ったセラピストを世に送り出すためにドライヘッドスパ協会を作ったのではと思います。

ドライヘッドスパ協会の口コミ評判を調査!

 

ドライヘッドスパ代表店舗はなんと言っても「悟空のきもち」ですね。

 

現在3ヶ月待ちになっているようですが、本当にそれほどのところなのか口コミを調べてみました。

悟空の気持ち、良かった

頭のマッサージ最高すぎるでしょ

ごちごち

 

気持ちがいい!

いつも眠れないのにスッと落ちて記憶がない

頭が軽くなった

首がスッキリした

目の周りに酸素が行き届いてる

視力が良くなった

 

頭痛やパソコン仕事による脳疲労に悩まされてる人は救いの神になるお店かも

指圧やいわゆるマッサージとはまったく違います

 

あっという間に爆睡。

終わった後は、目 首 頭がちょースッキリ!

気持ちよかった~

 

気持ち良さを味わいたくて

眠りそうなのを我慢していた

スッキリした

 

初めての感覚!

ずっと首に違和感はあったけど

頭が重たいことに気づいていなかったのかも

こんなに頭って軽くなるんですね

 

頭皮が固く肩がコリ

首がパンパンに張っていたが

すごくスッキリした

顔がリフトアップした

 

ずっと頭が重たかった

首が固まってまわらなかったけど

まわるようになった

 

マッサージのプッシュのペースが早い

マッサージの手技パターンは少なく、ひたすら繰り返し

お姉さんの手の平がとても暖かい

 

ほとんどが気持ちよかった、とても良かったという感想ですね。

 

悟空のきもち以外の店舗や施術者によって違いはあるのかもしれませんが、

施術後の変化が分かるコメントがほとんどでした。

ドライヘッドスパ協会の嘘や危険とあるのは何故?

 

ドライヘッドスパという頭に特化した施術が世の中に浸透してくると、

その発症である「悟空のきもち」が気持ちよすぎる!と話題となりテレビで幾度と無く取り上げられるほど世間に知れ渡っていきました。

 

 

そして、ドライヘッドスパ協会認定サロンの「悟空のきもち」の予約は3ヶ月待ちとなるほどの人気となり、

頭の施術=ドライヘッドスパ=悟空のきもち

という名前が広まっていきました。

 

 

これにより、各サロンでも頭の施術専門のコースを作ったり、ヘッドケア専門店を立ち上げ、

そしてヘッドのコースの名称は「ドライヘッドスパ」という名前を使ったほうがお客様が来るのではと考え、悟空のきもちに乗っかるようになったのです。

 

 

これにより一般のお客様は、

「ドライヘッドスパ=悟空のきもち」

と思っているので、ドライヘッドスパと看板やお店のホームページにに出ていると、

「悟空のきもちの系列店なのでは?」

「悟空のきもちは予約が取れないけど、あそこと同じ施術が受けられるの?」

と思い来店してしまいます。

 

 

これを狙って模倣店舗が増えていったことにより、ドライヘッドスパ協会認定の店舗ではない違う手技を使った、

「嘘の店舗が存在しますよ。」

「間違って予約したら危険ですよ。」

という意味で「嘘」や「危険」という言葉が出てきたのではと考えます。

ドライヘッドスパ協会の認定ではないスクール

ドライヘッドスパ協会は専門でスクールも開催しています。

 

このスクールにも乗っかって、ヘッドマイスターも模擬スクールも存在するそうです。

 

ドライヘッドスパ協会のホームページでも「模擬スクールや模擬店舗へご注意ください」と呼びかけていますので、

人気があるゆえに自分も技術を習いたい、施術を受けてみたいと思い、

安易に安いところや早く予約が取れるところに行かないように気をつけてください。

 

 

どんなところでも、人気があるところはそれなりに料金も労力もかかります。

 

楽してすぐに技術が身につくところはありません。

ドライヘッドスパ協会認定のサロン

悟空のきもちをはじめドライヘッドスパ協会認定のヘッドマイスターがいるお店が全国に何店舗かあります。

 

ドライヘッドスパ認定店と謳っているのでネットで探してみてください。

 

悟空のきもちは予約が3ヶ月待ちでも、ヘッドマイスターの資格を持ち、独立サロンを経営している方もいらっしゃいますので、

ドライヘッドスパを受けたい方はそちらを予約してみてください。

 

 

 

ちなみに、

この「ドライヘッドスパ」という名称は、「ドライヘッドスパ協会」の代表=「悟空のきもち」の代表が作った名前とのことです。

 

そしてドライヘッドスパを行える施術者は「ヘッドマイスター」と呼ばれ、これも協会が作った名称で、

協会のスクールを卒業して取得できる「ドライヘッドスパ認定資格」になります。

 

ドライヘッドスパ協会の作った名称=ドライヘッドスパ

ドライヘッドスパ協会の作った資格=ヘッドマイスター

ドライヘッドスパ協会の認定サロン=悟空のきもち・全国のヘッドマイスターのいるサロン

となります。

 

 

ドライヘッドスパ・ヘッドマイスターについてはこちらも参考にしてみてください⬇️

まとめ

ドラヘッドスパ協会とは?

正式名称「一般社団法人ドライヘッドスパ協会

  • 世界に通用し活躍できるヘッドマイスターの育成
  • ドライヘッドスパの発展

この2つを目的として設立された。

 

 

口コミや評判は、

良い評判が多く、得に施術後の改善が大きく見られた。

 

 

ドライヘッドスパの嘘や危険とある理由は、

「悟空のきもち」「ヘッドマイスター」という言葉が有名になりすぎたことにより模倣店舗が増えていき、ドライヘッドスパ協会認定の店舗ではない違う手技を使った、

「嘘の店舗が存在しますよ。」

「間違って予約したら危険ですよ。」

という意味で「嘘」や「危険」という言葉が出てきた。

 

 

 

ますます認知され増えていくであろう「頭をケア」するサロン。

現在は、ボディケアのように施術の金額が下がるより、むしろ上がっています。

 

頭のもみほぐし効果が徐々に世の中に知れ渡ってきた今、これからはますます需要が増えていきます。

 

もし独立開業を考えている方は、迷っている時間はありません。

 

 

ドライヘッドスパ協会のHPはこちら⬇

Dry Head Spa association 一般社団法人ドライヘッドスパ協会